レース中、一番心配なことは? ネッツトヨタ東京からヴィッツレースに参戦する「長野オリンピック金メダリスト」清水宏保選手にインタビュー!

2018年3月1日(木)、ネッツトヨタ東京株式会社(以下ネッツ東京)がGR Garage東京若林店で2018年モータースポーツ活動を発表しました。

本格的にモータースポーツ活動に取り組み始めてから5年が経過し、モータースポーツ活動のノウハウを蓄積してきたネッツ東京は、今年も「ネッツ東京レーシング」としてTOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitzレース(以下ヴィッツレース)やTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race(以下86レース)、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジ(以下ラリー)に参戦します。

TOYOTA86「86Racing」とSUBARU BRZ「RA Racing」だけで争うワンメイクレース「86レース」には、プロフェッショナルクラスに脇阪寿一選手、クラブマンクラスに社員ドライバーの水谷大介選手が参戦。「86レース」は脇阪選手のような国内の有名プロドライバーが多数参戦し、今一番アツいワンメイクレースとして盛り上がりを見せています。

今年で3年目の参戦となる脇阪選手は、ネッツ東京の取り組みについて以下のようにコメントしました。

「まず参加型のモータースポーツ、86レースに参加できることに感謝したいと思います。普段からモータスポーツをメジャースポーツにするには自分が何をすべきかを考えているんですけれども、ネッツ東京のように販売店がモータースポーツ活動をするという輪が広がってきていることに喜びを感じています。この参加型モータースポーツに取り組んでいる趣旨は、人材育成がもの凄く大きなウエイトをしめています。レースの楽しさ、素晴らしさ、そして厳しさを社員の方々一人一人が我々と共に経験することによって、それが彼らの深い知識、能力としてやどり、それをお客様に伝えられるというのは凄く大切なことなのかなと思います」

ビギナー&女性も参加しやすい「ラリー」には、2013年~2017年に86レースクラブマンクラスにシリーズ参戦していた塚本奈々美選手がC-3クラス(86)で初参戦! コ・ドライバーはダカールラリー参戦経験のある寺田昌弘選手が務めます。また、社内公募のドライバーでC-1クラス(アクア)の参戦を予定しているのだそうです。

今回初めてタッグを組む塚本選手と寺田選手は、今シーズンの意気込みを語りました。

「ラリーが非常に盛り上がっているという話は聞いていたのですが、参戦するのは初めてです。ネッツ東京レーシングの86レースで培ったノウハウや技術をラリーに活かせたらなと思っています。また、コ・ドライバーで寺田選手という大先輩が乗ってくれるということで、すごく心強いです。ラリーはひっくり返ったりするというイメージがあったのですが、 GAZOOのラリーチャレンジは楽しく、みんなでワイワイできると聞いたので、少し心の余裕ができました。新しくなった773(ナナミ)号に乗って早く練習したいです。今年はチャレンジクラスから出場します。ラリーは一つのミスが命とりになりますので、まずは完走を目指して頑張りたいです」(塚本選手)

「以前TRDラリーチャレンジにヴィッツで参戦し、新城(愛知県)と群馬を走りました。その時も美しい女性のコ・ドライバーをやらさせて頂いたのですが今年もまた、美しい女性の横で参戦させて頂けるのは非常に嬉しいです。ダカールは男の世界ですからね(笑)。塚本選手はクルマの扱い方は86レースで慣れていますし、ドリフトもされているのでターマックはかなりお上手だと思います。紳士のナビゲートで頑張っていきたいです」(寺田選手)