【デトロイトショー2018】北米で発売される3代目インサイトは1.5リッター2モーターハイブリッドを初採用

2018年の北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー)が開幕、ホンダはハイブリッド専用車と知られる「INSIGHT(インサイト)」の名前を復活、そのプロトタイプモデルを世界初公開しています。

3代目モデルとしてプロトタイプが公開された新型インサイトは、初代、2代目がハッチバックだったのに対してセダンボディとなっています。また、これまではフィットと同クラスのBセグメントでしたが、新型インサイトはシビックより上位のポジションとなるとアナウンスされています。

ボディサイズにも余裕があり、スタイリッシュなスタイルながら余裕のキャビンを実現しているのも、新世代のハイブリッドセダンらしさといえそうです。

注目のハイブリッドパワートレインは、高効率な1.5リッター・アトキンソンサイクルエンジンに2モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-MMD」。これまで、i-MMDは2.0リッターエンジンとの組み合わせだけでしたが、いよいよ2モーターハイブリッドの展開が始まったといえそうです。

北米での生産拠点は、インディアナ工場。2018年夏に米国での発売予定となっています。

(山本晋也)

『ホンダ』の最新記事

【週刊クルマのミライ】温故知新、2列5人乗り仕様が追加されたホンダ・ジェイド
【週刊クルマのミライ】これが21世紀のチューニング。コストパフォーマンスの高いブーストアップ
【新車】ホンダ・モンキーが125ccになって復活。原付2種でも「タンデム不可」で、価格は39万9600円〜
ポップアップルーフの車中泊キャンプで、家族が訴える不満とその対策とは?【グータラ親父の車中泊キャンプ記・その5】
【新車】ホンダ・ステップワゴンのコンプリートカー「モデューロX」が進化。ナビゲーション装備を充実化

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事