【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8

BMWのエアロパーツでお馴染みの3D Design。今回の東京オートサロン2018では、BMW i8の新作デモカーを展示していました。

カーボンパーツに定評のある3D Design。フロントのスポイラーやリアのウイングもカーボンで製作された新作です。

バシッとキマッたスポイラー類に合わせるホイールは、これまた新作の鍛造ホイール。鍛造の強度があってこその繊細なスポーク。そのスポークの細さを生かすためにアルマイト仕上げとしたのがポイントです。

塗装では塗膜の厚みが出てしまうので細さを活かしきれない、というところからのこだわりのアルマイト仕上げ。これだけスポークが細いと、走り出したらホイールの存在感が無くなるほど、となるでしょう。

サイドステップやリア周りも上品に仕上げられており、エンジンをぶん回すスーパーカーとは一線を画す近未来のスタイルを実現しています。

……と書いて記事を締めようと思っていると、リアデュフューザーのセンターに違和感を覚えます。

i8はプラグインハイブリッドで、それを強調するためにマフラーは完全に隠しているはずなのですが、このi8にはマフラーが!

i8のエンジンはMINIと共通の1.5リッター直列3気筒で、プラグインの電力を使いきった場合に走行バッテリーを充電、またリアタイヤの駆動も補助する仕組み。ですが、このエンジンの排気効率を上げればもっとスポーティーになるのでは、ということでエキマニから先のルートを変更してセンター出しのマフラーを製作してしまった、とのこと。

本来隠されてはずのマフラーまで製作してしまうこだわりぶりに、BMW向けアフターパーツの第一人者という誇示を見た気がするi8のデモカー。実際に走るところが乗ってみたい一台です。

(松永和浩)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】
【東京オートサロン2018】「鹿ソニック」!? T.M.WORKSが夜道に現れる鹿対策で地元に貢献

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事