【東京オートサロン2018】ケン・ブロックの助手席に同乗走行! FRのドリフトと4WDドリフトはどう違う?

東京オートサロン2018の大物ゲスト、TOYO Tiresが招いたケン・ブロックさんの隣に乗ることができました! もちろん、ドリフト走行の助手席です。

ケンさんは、言うまでもなく、針の穴を通すほどのコントロールでクルマを自由自在に操るドライバー。

YouTubeを中心に公開されるその映像は毎回話題となり、もっとも多く視聴されたサンフランシスコを舞台にしたバージョンは9600万回の再生回数となっています(2018年1月14日現在)。

そんなケンさんの走りの助手席に乗れるなんて、滅多にできることじゃありません。というか、一生チャンスに恵まれないのが普通でしょう。

そんな恵まれた機会ですので、乗る前からドキドキです。

実は私は、いろんな人のドリフトの助手席に乗った経験があるんです。ドリキンこと土屋圭市さん、レーシングドライバーで初代D1チャンピオンの谷口信輝さん、いまD1でもっとも強いと思われる川畑真人さん、もうひとりのドリフト会のケンさんであるのむけんこと野村謙さんなどなど。

ひとくくりにドリフト走行と言っても、人によっていろんなスタイルがありますが、ドライバーによってその個性はそれぞれなのもよくわかります。

ドリキンさんはガッツリ突っ込んむ男らしい走りだったり、谷口さんは女性を扱うように優しくスムーズに切り返して横Gをほとんど感じさせない、のむけんさんはコミカルな動き同様にクルマもポップに楽しげに向きを変える、といった具合です。

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R
【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8
【東京オートサロン2018】富士スピードウェイでスーパー耐久の24時間レースが開催!富士では実に50年ぶり

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事