【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第24回 ・80年代を模索したヨーロピアン・FFスポーツセダン。マツダ・カペラ(4代目)

80〜90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第24回は、空力を中心に80年代のあるべきデザインを模索したミドルセダン/クーペに太鼓判です。

FF2BOXブームがミドルサイズに波及、カムリ・ビスタ、スタンザなどライバルメーカーがFFの新型車を投入した80年代初頭。アランドロンを起用し、ファミリアに次いでヨーロッパイメージで登場したのが4代目のカペラです。

80年代を迎え、徹底的に空力特性を追求したボディは、セダン/クーペとも明快なウエッジシェイプ。揚力を抑えたハイテール、空気の流れを乱さない独自のホイールアーチが目を惹きます。

シャープなピンストライプと、前後バンパーを結ぶ太いモールがアクセントのサイドボディは極めてクリーン。ピラー部分に70年代の表現を残すものの、大きなキャビンはバランスよくボディに収まります。

『グッドデザイン太鼓判』の最新記事

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第26回・カジュアル、センス、クオリティを合理性で包んだ「街の遊撃手」。いすゞ・FFジェミニ(初代)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第25回 ・若手デザイナーが描いた90年代コンパクト。トヨタ・ターセル/コルサ/カローラⅡ(4代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第23回 ・3つの「ワンダー」をコンパクトカーに。ホンダ・シビック(3代目)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第22回・一品モノのようなアートボディ。日産・シルビア(S13)
【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第21回・スポーティな走りの「天才タマゴ」。トヨタ・エスティマ(初代)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事