【フォーミュラE 2017-2018 第2戦:続報】アプト失格が確定で2位以下が繰り上がり。 ローゼンクヴィストがフォーミュラE初優勝

12月3日に香港で行われたフォーミュラE(FE)の第4シーズン第2戦。

優勝したダニエル・アプト(ドイツ)のマシンに搭載されていたインバーターおよびMGU(運動エネルギー回生システム)に貼られたFIAのバーコードステッカーが、チームから提出されていたテクニカルパスポートに記載の情報と一致しない事がレース後の再車検で判明しました。

アプトに下された失格の裁定に抗議が出されていましたが、チームがこれを取り下げたため裁定が正式に決定。2位以下の順位が繰り上がりとなりました。

フェリックス・ローゼンクヴィスト(スウェーデン)がポール・トゥ・フィニッシュで同シリーズ初優勝。2位はエドアルド・モルタラ(スイス)、3位にミッチ・エバンス(ニュージーランド)という結果となりました。

フォーミュラE第4シーズン第3戦は、2018年1月13日(土)、モロッコのマラケシュで開催される予定です。

(Toru ISHIKAWA)

【関連記事】

【フォーミュラE 2017-2018 第2戦】終盤のドラマ! アプトが25歳の誕生日に自分自身へ25ポイントのプレゼント
https://clicccar.com/2017/12/04/537138/

【フォーミュラE 2017-2018 第1戦】サム・バードが開幕戦を飾る。初参戦の小林可夢偉は荒れたレースを15位で完走
https://clicccar.com/2017/12/03/536923/

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事