日産のグループCカーが手に入る!? 東京オートサロン2018でオークション出品されるクルマが筑波を疾走!

12月3日に筑波サーキットで開催されたSPEED SOUND TROPHY(SSトロフィー)のなかで、1990年にルマンで大活躍した日産のグループCカー・R90CKがデモ走行を行いました。

このR90CK、来年の1月12〜14日に幕張メッセで開催される東京オートサロン2018の会期中に行われる歴史的に貴重なレーシングカーやチューニングカーのコレクタブルオークション「東京オートサロン・オークション with BH Auction」に、超目玉車両として出品されるマシンそのものなのです。

マシンは快調そのもの。27年前のマシンとはいえさすがはグループCカー。筑波を1分切るタイムはスゴイ!この出品個体の来歴自体は公表されていませんが、日産R90CKというマシンには輝かしい栄光が詰まっています。

日産が当時のルマン24時間レースを含む世界選手権、世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)に参戦するために製作したもので、エンジンは日産製、シャーシはイギリスのローラに製作を依頼。

1990年のルマン24時間レースではヨーロッパーのモータースポーツ・ヨーロッパ(NME)とアメリカのニッサンパフォーマンステクノロジー(NPTI)から合わせて4台で参戦。そのうちの1台は日本メーカー初のポールポジションを獲得しています。そして他の1台はレース中のファステストラップを記録。

その年のWSPCではモントリオールとメキシコで2位入賞、翌年のデイトナ24時間レースでも2位となっています。

数々の栄光に彩られたこの日産R90CK、オークションでは一体どれほどの金額となるのでしょうか。

オークションにはその他にも2002年のマカオグランプリに出場したNSXや2008年のスーパー耐久に出場したS2000などのレーシングカー、そして1994年のチューニングカー、トヨタスープラにツインターボ化したセンチュリーのV12エンジンを搭載して時速400km/hを目指したTOPSECRET TS8012Vなども出品されます。

東京オートサロンでは初の試みとなる本格カーコレクターを対象としたコレクタブルカー・オークション。いったいどんな金額が飛び出すのか?大いに楽しみです。

(写真:松永和浩、栗原淳 文:松永和浩)

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。