【東京モーターショー2017】シェフラーブースでフォーミュラE王者ルーカス・ディ・グラッシが来日イベントを開催

2017年10月28日(土)、東京ビッグサイトで開催中の「東京モーターショー2017」のシェフラーブースで、2016/2017年フォーミュラE 3rdシーズンでシリーズチャンピオンに輝いたルーカス・ディ・グラッシ選手の来日イベントが行われました。

シェフラーはディ・グラッシ選手の所属するABTシェフラー・アウディスポーツの技術パートナーとして、世界最高峰のEVレース「フォーミュラE」のパワートレインの設計、開発、製作をしており、ブース内には実際にレースで使用したモーターやフォーミュラEマシン(ショーカー)が展示されていました。

イベントには世界初の小学生でFIA認定F4ドライバーとなったプロレーサJuju選手、元F1ドライバーそしてJuju選手のお父様である野田英樹さんも登壇しました。

「たくさんのファンの方が見に来ていて、緊張します」と少し緊張気味のJuju選手。3歳でカートを始めたきっかけについて「お父さんの走りを見てかっこいいなと思い、乗ってみたくなりました。カートに乗ったら凄く楽しかったので、レースにも興味がでました」と語りました。

笑顔がとっても可愛いJuju選手ですが、最高速度240kmを出したことがあるというからビックリ! 「小さい頃からカートに乗っているので、怖いと思ったことは一度もありません」との発言に「逆に抑制するのが大変です」と野田さんも苦笑い。

トークショー中、司会者の質問に気が付かないほど、ぼーっとただ一点を見つめている野田さん。一体どうしたのでしょうか。

「写真を撮ったり、メモを取ったりしてくれているファンやメディアの方がたくさんいて、ありがたいなと思って……」と感慨深そうに話す姿に、会場が温かい雰囲気に包まれました。Juju選手の話をする時は「レーサー野田英樹」ではなく、大事な娘を想う「父の顔」になる野田さんが素敵でした。

『東京モーターショー2017』の最新記事

【東京モーターショー2017 】ドライバーたちはレースか女の話しかしない!? フォーミュラEチャンピオン ディ・グラッシ選手単独インタビュー
【東京モーターショー2017】「隠れXV」アイコンに込められた意味とは? XV FUN ADVENTURE CONCEPTを徹底チェック!
【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】番外編・デザイナーの妄想を全開にした、いすゞ FD-Si
海外勢の「にわか電動化」に翻弄されない日本流のEV戦略とは?【東京モーターショー2017】
スズキ スペーシア コンセプトは愛着のある道具【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事