BMWが開発中の新型FFコンパクト「2シリーズ グランクーペ」は2021年登場

BMWが開発中の新型4ドアクーペ『2シリーズ グランクーペ』の市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。メルセデスベンツ同様に、コンパクトモデルのラインナップを拡大する戦略が見えてきます。

プラットフォームには『2シリーズ グランツアラー』やMINIと同様の「UKL」を採用。「xDrive」4WDのオプションが付いたFFモデルとなります。1シリーズのセダンでもなければ3シリーズの小型版でもない、独自のフロントエンドを持つ、スタイリッシュな4ドアクーペとなると思われます。

ボディサイズは全長が4.5メートルと予想され、「2シリーズ グランツアラー」とほぼ同じで、メルセデス『CLA』が直接のライバルとなります。パワートレインは、1.5リットル直列3気筒エンジン、2リットル直列4気筒エンジン、ハイブリッドのラインナップが予想されていますが、直列6気筒の「M」は今のところ計画されていないようです。

ワールドプレミアは2021年。これから4年の歳月をかけ成熟していくはずです。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事