ポルシェ パナメーラの改良型には48Vマイルドハイブリッドが初設定。2ドアやオープンも設定!?

ポルシェ パナメーラ外観_003

●第2世代初のフェイスリフト。マイルドハイブリッドモデルが初設定

ポルシェの5ドアハッチバック「パナメーラ」の改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

ポルシェ パナメーラ外観_003
ポルシェ パナメーラ 改良新型 プロトタイプ

パナメーラは、同社初のフル4シーター・5ドアサルーンとして2009年にデビュー。2016年には7年ぶりのフルモデルチェンジが行われ、今回は第2世代初のフェイスリフトとなります。

ポルシェ パナメーラ外観_009
ポルシェ パナメーラ 改良新型 プロトタイプ

捉えたプロトタイプは一見フルヌードですが、拡大するとフロントバンパーやテールゲートに黒いテープが多数貼られており、ディテールが隠されているようです。最新情報によれば、「カイエン」や「911」新型と共通性を持たせたフロントエンドとテールライトに刷新されるといいます。

またこの開発車両は、21インチホイールやクワッドエキゾーストパイプを装着していることから高性能モデルの可能性が高く、ライムグリーンのブレーキキャリパーからも「ターボS E-Hybrid」改良型と予想されます。S E-Hybridには、最高出力680psを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン+電気モーターが引き続き搭載されると思われます。

ポルシェ パナメーラ外観_007
ポルシェ パナメーラ 改良新型 プロトタイプ

改良型の注目は、2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載する「4S」グレードに48Vマイルドハイブリッドを搭載する可能性があることです。これは通常の内蔵モータージェネレーターを使用し電力を収穫、効率を高め発進・停止システムを素早く起動させることができるといいます。さらには、トルク供給のギャップを埋めるアウディの電動コンプレッサーシステムの搭載も予想されています。

また、かねてから噂のある2ドアバージョンや、コンバーチブルがこの改良型に設定される可能性もあるといい、第3世代への交代前に目が離せないところです。

改良型のデビューは最速で2019年内に期待できるかもしれません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ルノー メガーヌ R.S. 外観_010
ルノー メガーヌR.S.の改良型をスクープ! 初の大幅改良でエクステリアも変化
VW ゴルフ GTE外観_009
EV航続距離は56km! 新型ゴルフにもPHVモデルが設定
ポルシェ 911 GT3外観_002
フラット6サウンド高らかに疾走。「新型ポルシェ 911 GT3」のニュル高速テストを撮った!
VW T7外観_002
ノーズが伸びた!? VW「T6」後継モデルの開発車輌をキャッチ
アストンマーティン DBX外観_006
ヴァンテージ風テールライトが初露出! アストンマーティン初のSUV「DBX」は自社製V12搭載か?
ポルシェ パナメーラ外観_003
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事