軽自動車初のVTECエンジンを積んだのはS660ではなく、新型N-BOX!

「ニッポンに最適化したノリモノ」として2011年12月に誕生した初代N-BOX。そこから始まったNシリーズとして初のフルモデルチェンジが実施され、N-BOXが第二世代に進化しました。一見するとキープコンセプトで、骨格部分はキャリーオーバーのように感じてしまうかもしれませんが、すべてが一新されたといえるほど大胆に進化した、まさしくフルチェンジになります。

その象徴といえるのが新しいエンジン「S07B」型ではないでしょうか。

ボンネットを開けてみても、旧型が載せていた「S07A」型に対して、どのように進化したのかわかりづらいのですが、カタログの諸元表をみれば一目瞭然。ボア×ストロークが異なっています。

●新旧ボア×ストローク比較
S07A:64.0mm×68.2mm
S07B:60.0mm×77.6mm

もともとロングストロークなプロファイルのS07エンジンですが、新型では小排気量ガソリンエンジンでは考えられないほどのロングストロークになっています。しかし、ロングストロークにすることがメインテーマではありません。ボアを小さくする(小径化)することが、新型エンジンの狙いといえます。

ボア小径化により燃焼室をコンパクトにすれば、表面積を小さくすることができ、熱損失を減らすことができます。つまり、熱効率が向上するのです。先代モデルに搭載されていたS07A型エンジンもボア小径化によるメリットを考えたプロファイルといえますが、そうした考え方をさらに推し進めたのが新しいS07型エンジンといえます。限られた排気量の軽自動車で、燃費と走行性能を両立するには効率アップは重要ですから、こうした進化は当然でしょう。