ゴルフの牙城を崩せるか? BMW・1シリーズ次期型、ライバルとの徹底比較テスト中!

BMW・1シリーズ次期型の軽偽装プロトタイプをキャッチしました。

欧州において、Cセグメントハッチバックのベンチマークとなっているのがフォルクスワーゲン『ゴルフ』です。BMW・1シリーズ次期型はその牙城を崩すべく、徹底比較テストを行なっているようです。

正面2ショットを見ると、ほぼ同じディメンションを持っていることが分かります。フロントマスクでは、ゴルフの存在感のあるヘッドライトに対し、薄くつり上がったヘッドライトや大口エアインテークが確認出来ます。

リアビューを比較すると、ゴルフより傾斜したリアウインドウ、より大きなルーフスポイラーを装備し、スポーティーなエクステリアを特徴としています。

今回捉えたプロトタイプは、シングルエキゾーストパイプが装着され、比較車両がゴルフ「TDI」であることからも、新開発ディーゼルのテスト車両の可能性が高いです。

1シリーズ次期型は、伝統の「FR」からゴルフと同じ「FF」へ変更されます。前輪駆動用「UKL」プラットフォームによりホイールベースが延長され、居住空間の向上が図られるはずです。

パワートレインは「X1」から流用される、1.5リットル直列3気筒ガソリン、ディーゼルエンジン、2リットル直列4気筒ガソリンエンジンのほか、PHVもラインナップされるでしょう。

ワールドプレミアは2018年秋と予想されています。1シリーズ次期型は、VWゴルフをどこまで追い詰めることができるのか、その実力が試されるモデルとなりそうです。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事