3L直6ディーゼルを積む「BMW X5 xDrive40d M Sport」が新登場。340PS・700Nmというハイパワー・トルクを発揮

■48Vマイルドハイブリッド搭載で燃費は12.1km/L

2019年2月に登場した現行BMW X5に、3.0L直列6気筒ディーゼルエンジンを積む「BMW X5 xDrive40d M Sport」が追加されました。2022年2月10日(木)より発売が始まり、納車は2022年2月以降の予定です。

BMW X5
3.0Lディーゼルを積む「BMW X5 xDrive40d M Sport」が追加された

BMWのSAV(スポーティ・アクティビティ・ビークル)で高い人気を誇るのがディーゼルエンジンで、既存グレードの286PS/650Nmの「xDrive35d」よりもパワー・トルクともに引き上げられています。

「xDrive35d」でも2260kgという車両重量をストレスなく走らせることができますが、「xDrive40d」は、より力強い動力性能を得ています。

最高出力340PS/4400pm、最大トルク700Nm/1750-2250rpmを発揮。「xDrive35d」よりも最高出力55PS・最大トルク50Nm増強されています。車両重量は2410kg。

さらに「xDrive35d」と同様に「48Vマイルドハイブリッドテクノロジー」の搭載により、エンジンの負荷を軽減、高効率化が図られていて、コースティング(滑走)機能も付くため、燃費の向上も図られています。

「xDrive35d」のWLTCモードは12.4km/L、「xDrive40d」は12.1km/Lです。

BMW X5
BMW X5の走行シーン

ほかにも「xDrive(4WD)」による高い操縦安定性や悪路走破性に加えて、高速道路での渋滞時に手放し運転も可能な「ハンズ・オフ・アシスト」などの最新の運転支援システムが標準装備されています。

X5は高効率なガソリンエンジン、今回のクリーンディーゼルエンジン、プラグインハイブリッドシステムを揃え、ニーズや好みに応じたパワートレーンの選択が可能になっています。

●ボディサイズ
全長4935×全幅2005×全高1770mm、ホイールベース2975mm

●価格
「BMW X5 xDrive40d M Sport」:1141万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。