Vクラスのショートボディにスタイリッシュな「V 220 d Sports」が追加

日本の「ポスト新長期規制」に適合すべく専用開発された2.2Lクリーンディーゼルターボを搭載するメルセデス・ベンツVクラス。2017年7月5日、スタイリッシュな内・外装が特徴の「V 220 d Sports」が追加されました。デリバリー開始は今年9月頃の予定とされています。

Vクラスは、1998年に初代が日本に上陸し、2003年にはビアノに車名を変更。2015年のフルモデルチェンジを経て、7名乗車や左右両側の電動スライドドア、リヤエンターテインメントシステムなど日本のニーズにあわせて装備や専用アクセサリーの拡充を図ってきたことで、累計販売台数2万台を超えるロングセラーになっているそう。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事