メルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレークに、「180」と「35 4MATIC」が追加設定【新車】

■エントリーモデルとスポーティ仕様の追加でバリエーションを強化したCLA/CLAシューティングブレーク

AクラスのハッチバックやAクラスセダンよりもトレッドを拡大し、リヤサスペンションをマルチリンク化することで、スポーティかつ上質な走りが楽しめるCLA。

2020年2月27日、クーペのCLA、ワゴンのCLAシューティングブレークに、エントリーモデルの「CLA180」と、公道での気持ちの良いドライビングに焦点を当てたハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG CLA 35 4MATIC(以下CLA35)」が追加され、予約受注が開始されました。

納車は、CLAクーペ各モデルは2020年3月、CLA シューティングブレーク各モデルは今年5月頃が予定されています。

メルセデス・ベンツ CLA
メルセデス・ベンツに「A180」と写真の「メルセデスAMG CLA 35 4MATIC」を追加

「CLA 180」には、先代から14PS向上された最高出力136PS(100kW)・最大トルク200Nmを発生する、排気量1.33Lの「M 282」エンジンを搭載。

同エンジンに採用されている「デルタ形シリンダーヘッド」は、シリンダーヘッドが三角柱を横に寝かした形状となっていて、通常のシリンダーヘッドと比べると装着時の高さがある一方、幅や重さが小さくなり、軽量化、省スペース性能が向上しているそうです。また、組み合わされるトランスミッションは、実績のある7速デュアルクラッチトランスミッションの「7G-DCT」で、効率向上に効果的なダイレクトな変速を実現しながら、振動も抑える優れたセッティングが施されています。

メルセデス・ベンツ CLA
メルセデス・ベンツCLAのフロントシート

メルセデスAMG 35シリーズは、Aクラスなどの前輪駆動用のアーキテクチャーモデルに 高出力なエンジン、十分なトラクションを確保する四輪駆動システムが組み合わされています。さらに、高い剛性と俊敏性のため、シャシーの補強やサスペンションのセッティングなども施されているそう。高次元のドライビングパフォーマンスを実現しながらも、快適性も損なうことがないように開発。クルマの挙動と対話しながら、気持ち良くドライビングすることに 焦点を当てた、新しいモデルシリーズという位置づけになります。

また、従来の「メルセデスAMG 45シリーズ」より戦略的な価格設定になっていて、メルセデスAMGのドライビングパフォーマンスの世界をより多くのユーザーに届けるのが狙いです。

メルセデス・ベンツ CLA
CLAシューティングブレーク(メルセデスAMG CLA 35 4MATIC)のリヤビュー

価格は「CLA 180」が4,460,000円、「メルセデス AMG CLA35 4MATIC 」が6,850,000 円。「CLA 180 シューティングブレーク 」が4,570,000円、「メルセデス AMG CLA 35 4MATIC シューティングブレーク」が6,950,000円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。