抜けないモナコでベッテルが逆転優勝!トップ3インタビューに登場したスペシャルゲストとは?【2017F1第6戦モナコGP】

2017年F1第6戦モナコGPがサーキット・ド・モナコ(3.337km、周回数78周)で開催されました。

決勝前日に行われた予選ではキミ・ライコネン選手(フェラーリ)が素晴らしい走りを見せ、2008年フランスGP以来となる9年振りのポールポジションを獲得!

2番手にはチームメイトのセバスチャン・ベッテル選手、3番手バルテリ・ボッタス選手(メルセデス)、4番手マックス・フェルスタッペン選手(レッドブル)、5番手ダニエル・リカルド選手(レッドブル)が続きます。

モナコGPは、モナコ公国のモンテカルロ区とラ・コンダミーヌ区の公道を閉鎖して造られた市街地コース。そのためコース幅が非常に狭く、レース中の追い抜きは困難。また一歩間違えれば壁に当たりリタイアになってしまうという、ドライバーの腕が試される超テクニカルコースなんです。

今年のマシンは昨年よりワイドになったので、波乱のスタートになるのでは?と思っていましたが、何事もなくスタートしライコネン選手を先頭にキレイな隊列が作られました。

上位勢の順位は変わらないまま、レースは進んでいきます。32周目、フェルスタッペン選手が上位勢で先陣を切ってタイヤ交換のためピットに向かいました。

ここで驚くべき走りを見せたのが、ベッテル選手とリカルド選手。ライバル達がタイヤ交換をする中、コースに留まりファステストラップを次々と刻んでいったのです!

その結果、2台はオーバーカットに成功! ベッテル選手は1位ライコネン選手の前に、リカルド選手はボッタス選手とフェルスタッペン選手の前に出て3位に浮上し、上位5台の順位が大きく入れ替わりました。

抜けないモナコGPでライバルに勝つには、タイヤ交換のタイミングがとっても重要。コース上での戦いはもちろんですが、チーム戦略バトルが面白いのもF1の魅力の一つです。


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています