普段履き感覚のアクティブなプジョー2008で、女子力アップは足元から!<後編>

プジョー2008 GT Lineで、千葉県木更津に向かった、タレントの「かえ ひろみ」さん。仏製コンパクトSUVのレポート、後編です!

エンジンは1.2Lの3気筒ターボエンジン。マイナーチェンジ前は同じ直列3気筒の1.2Lですがターボなし。アイドリング中は「軽自動車っぽい」サウンドで心なしか頼りなかったのですが、いざ走り出すと力強く加速して楽に高速巡航できるのには驚きました。

試乗中はスタッフを含めて5名乗車で移動しましたが、高速の合流や発進加速もストレスなくこなせます。振動も少なく「1500回転で1.6Lの自然吸気エンジンを上回る強大なトルクを発生する」というカタログの表記に偽りはありません。

マイナーチェンジではトランスミッションも5速MTベースのETGからトルコン式の6速ATに変更されています。各ギアのつながりがとても滑らかで変速ショックを伝えず、1.2Lターボエンジンとの相性も抜群です。

GT Lineは駆動輪に伝わるエンジントルクとブレーキの制動力を制御して滑りやすい路面の走行をサポートするグリップコントロールを標準装備。こういういざという時に役立つ仕掛けは頼もしいですね。

さらにさらにこの2008GT Lineには、オールシーズンタイヤのグッドイヤー「ベクター フォーシーズンズ」が標準採用されています。

このオールシーズンタイヤというのは、その名の通り、一年間四季を気にせずそのまま使えてしまうタイヤです。つまり、よほどの雪国でなければスノーでも走れちゃいます。もちろん、ドライ路面でのハンドリングや乗り心地は普通の夏タイヤに近い性能も併せ持っていて、ウエット路面での排水性も抜群。マルチな性能を発揮してくれます。

タレントさんでもマルチな才能は重要ですが、タイヤにとってもマルチな才能はありがたいものです。

というのも、その才能というのは、いざという時の走破性を持ち合わせているだけではありません。いろんなスポーツなどアクティブに楽しみたいのに、季節やそれぞれのシーンでタイヤを履き替えるのはちょっと大変。だったら、このオールシーズンタイヤを履いていれば一年中思い立ったときに直ぐ出かけられるという安心感で気持ちもアクティブに切り替わりそうです。そういう気持ちにさせてくれるのって、とっても大事だと思います。

『かえちゃんのクルマ選び』の最新記事
渾身のスーパーハイトワゴン、スズキ・スペーシアで女子力アップ!【かえちゃんの次のクルマ選び!! Vol.15】
「ワゴンとSUVのいいとこ取り」したスズキ・クロスビーで、女子力アップ!【かえちゃんの次のクルマ選び!! Vol.14】
激戦区で鍛え抜かれたスズキ・スイフトで、女子力アップ!【かえちゃんの次のクルマ選び!! Vol.13・後編】

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています