マツダが「自動車用次世代液体燃料シンポジウム2017」に参加

マツダは、2017年6月14日に広島市で開催される「自動車用次世代液体燃料シンポジウム2017」に参加し、将来の自動車用エネルギーのひとつであるバイオマス由来のカーボンニュートラルな液体燃料について活動報告を行うと発表しました。

このシンポジウムは、ひろしま自動車産学官連携推進会議が主催し、将来の自動車用エネルギーについて、産官学の専門家が議論・解説を行うものです。

マツダは、将来においても自動車のエネルギー源は、液体燃料が効率的かつ実用的で、今後も自動車のエネルギー源は液体燃料が主役であり続けると考えており、本シンポジウムでは「Well-to-Wheel(燃料採掘から車両走行まで)」全過程でゼロCO2化するために必要な自動車用液体燃料の将来像について、バイオマス由来のカーボンニュートラルな液体燃料の研究報告を行うということです。

(山内 博・画像:ひろしま自動車産学官連携推進会議)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事