AMG製V8がニュルに響く!12年振りに刷新されるアストンマーティン ヴァンテージ次期型をキャッチ

アストンマーティンのクーペ「ヴァンテージ」次期型のV8モデルが初めてニュルブルクリンク高速テストに姿を見せました。

エクステリアは「DB11」の皮を被ったミュールボディで、DB11より全長が短縮されていますが、現行モデルの「ヴァンテージ」よりは長く、ワイドで低いボディとなると予想されています。

「ヴァンテージ」は、2005年に発売された第三世代を最後に新型が発売されておらず、この第四世代は12振りのフルモデルチェンジとなります。

関係者の話では、今回捉えたプロトタイプは、AMG製4リットルV型8気筒を搭載するモデルで、最高馬力は500psを発揮するといい、 ZF製8速ATの他、マニュアルモデルも設定されます。

ポルシェ「911」、及びメルセデス「AMG GT」をライバルとし、2017年秋にワールドプレミアされる可能性が高いです。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事