メルセデスAMG GT-Rファミリーに新たに追加される、サーキット指向の「CS」をキャッチ

メルセデスAMGの『GT-R』ファミリーに新たに設定される、高性能「AMG GT-R CS(クラブスポーツ)」市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

「CS」はサーキット指向のモデルで、ポルシェの「バイザッハ・パッケージ」のような存在となります。カーボンファイバーを多用し、「GT-R」の1,655kgから大幅な軽量化が図られるようです。

軽偽装でニュル高速テストに現れた開発車両は、フロントスプリッター、カナードを装備。またフロントフェンダー後部には、ボディから突出した顕著なフィンなどレーサーのようなエアロパーツをまとっています。

リアビューでは、大型リアウィング、エアアウトレット、ディフューザーの両側には、一対のツインエキゾーストパイプが装着されており、かなりアグレッシブなエクステリアが見てとれます。

パワートレインは、4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力はベースモデルの585psを超える600ps程度が予想され、車格的には「GT-R」と今後登場が噂される『GT-Rブラックシリーズ』の間を埋めるモデルとなります。

ワールドプレミアは2019年内の主要なモーターショーと予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ
BMW初のEV4ドアクーペ「i4」、クラス最速の加速力が判明
車名の商標登録が完了。メルセデス・ベンツ「SLR」、復活の可能性!?
これがスペイン版ゴルフ。セアト「レオン」の新型は9月デビュー?
BMW・3シリーズ ツーリングの次期型は、セダンと異なるリアクォーターウィンドウを採用?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事