先代の若々しさから「大人の上質」へ。マツダ・CX-5の新しい魂動デザイン(前編)

新世代商品群の第2シーズンとなる新型CX-5。注目の「魂動」デザインは今回どのように進化したのか。チーフ・デザイナーへのインタビュー、前半はコンセプトからボディ前半までを伺います。

── まず全体のお話から伺います。CXシリーズは国内外で3、4、9と続き、デザインの傾向も進化していますが、その流れはデザイン部で共有されているのでしょうか?

「育て方のガイドラインのようなものはありません。新型のコンセプトはリファイン&タフネスですが、順番というより、そうした車種ごとのキャラクターを重視しています。また、初代のユーザーさんと歩んだ数年間がありますから、その成長をどう表現するかですね」

── 「魂動」が動物の躍動感を示すのであれば、新型はよりエモーショナルナな方向もあり得たと思いますが

「先代はマツダの新世代商品のスタートとして、いわば若々しい躍動感を意識しました。それが比較的「線」による表現であったのに対し、より「面」の美しさを見せることによるエモーショナル、あるいはブランドの上質感を出そうと考えました」

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事