免許取り立てから20代前半にオススメの最新3車種【2017年版】

「どうせぶつけるから」と初心者は、多少「クタビレた」自動車からスタートし、カローラ→マークⅡ→クラウンとレベルアップしていくのがかつてのクルマ選びの王道でした。

しかし、現在ではクルマのキャラクターは多岐に渡っており、思い描くカーライフも人によって様々。だからこそ、今後、クルマのある暮らしを効率的に築いていくためにはこの1歩目こそが肝心。今回はカーライフの序盤で役立つクルマをご紹介いたします。

■スズキ・ワゴンR

クルマそのものを楽しむのではなく、その利便性を活かして生活をより充実させたいなら2017年2月に登場した新型「ワゴンR」がオススメ。

新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用により、徹底した軽量化と高剛性化を両立し、少ないパワーでも十分以上に走ります。

また、発進時などにモーターが働いてエンジンの負担を軽減して燃料の消費を抑えるマイルドハイブリッドも一部グレードに搭載しており、JC08モード燃費は最良で33.4km/Lを達成しました。

室内空間も広がったほか、カメラとレーダーで危険を予防する安全装備「デュアルセンサーブレーキサポート」も採用するなど、これ1台での守備範囲は非常に広いです。

■ダイハツ・ムーヴキャンバス

維持費の安さに加えて、普通車を凌ぐほどの室内空間で人気を集めた軽自動車ですが、最近はコンセプトを絞ってターゲットを明確に定めたモデルの登場が目立ちます。この「ムーヴキャンバス」もその一台。

これまではただ広いことが良しとされていた室内空間を見直し、スライドドアや「置き楽レイアウト」を組み合わせることで、その広さをより有意義に使えるようになっています。

ただし、実用一辺倒にならず、デザイン性にも優れているのが「ムーヴキャンバス」の魅力。全体のプロポーションだけでなくディテールにも取り入れられた丸っこさや、独特な塗り分けのツートーンカラーなど、そのルックスはオーナーの陽気な暮らしぶりをより演出してくれるでしょう。

■マツダ・デミオ

カーライフの醍醐味といえば、やはり周りからの注目でしょう。個性的なデザインや、仕立ての良いインテリア、そして上質な乗り心地で一目置かれた瞬間は「いいクルマを選んだ」という実感が強烈にこみ上げてきます。そんな喜びに満ちた一台が「デミオ」です。

躍動感あふれる魂動デザインとスカイアクティブでまとめたマツダの新世代商品として2015年に登場しましたが、その後も細かなアップデートが実施されています。2016年10月に行なわれた改良では、インテリアの素材や仕立ての上質感を向上させたほか、ディーゼルエンジンには新たに「ナチュラルサウンド周波数コントロール」を搭載して雑音をカット。より見て触れた瞬間の良いモノ感が強調されました。

また、Gーベクタリングコントロールも搭載し、走行時の滑らかさを向上。ドライバーの意図に沿った走りをアシストし、同乗者も揺れが少ない快適なドライブを楽しめます。

(今 総一郎)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事