トヨタ「新型カムリ」が今夏、国内でも発売!採用された数々の新技術をチェック

トヨタ自動車(以下トヨタ)が、今年1月に開催されたデトロイトモーターショー17で8代目となる新型カムリ(米国仕様)をワールドプレミアしました。

TOYOTA_CAMRY

引き締まったボディフォルムが特徴で、エクステリアは上級モデル「アバロン」の流れを受け継いでいることが見てとれます。

Toyota_Avalon Toyota_Avalon

カムリは米国市場で15年間に渡って最も多く販売されている乗用車で、年間40万台近くを現地生産するなど、トヨタの米国事業における最重要車種の一つとなっています。

「もっといいクルマづくり」に向けた構造改革「TNGA」に基づき、プラットフォームを刷新、パワートレーンユニットを一体的に開発することで、エモーショナルで美しいスタイルや、意のままの走りを実現したとしており、かなりの力作となっています。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。