【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、チューニングカー部門受賞車を見てきた

東京オートサロン2017で1月15日に発表された東京国際カスタムカーコンテストの各部門賞。その受賞車両を実際に見てきました。今回はチューニングカー部門。

010

最優秀賞はTOPSECRETのVR32 GT-R。

011

エンジン、駆動系など、移植できるパーツを全てR35 GT-Rから持ってきたという、現在考えられる最高スペックのR32 GT-Rを目指したというVR32 GT-R。

012

実は直6のRB26DETTエンジンよりもVR38DETTエンジンのほうがエンジンの全長が短いから可能となったとのこと。しかしトランスアクスルやミッション、トランスファーなどの駆動系の移植はかなり苦労したそうです。

014

優秀賞には雨宮スーパーNA 3ローター7。

015

FCのRX-7に3ローターを、まさにぶち込んだといってもいいエンジンルーム。RE雨宮にしてはエンジンルームが詰まっている印象です。

016

ボンネットは排熱重視。3ローターの熱はかなりのもので、大型ラジエターの熱をすぐに排熱できるように工夫されています。

017

そしてマフラーはドルフィンテイル。このマシンのためにワンオフ製作されたものだとのこと。

018

こちらも優秀賞のVARIS 神風86。

019

サーキットでのタイムアタックに特化したエアロが迫力満点。

020

チューニングエンジンの膨大な発熱、そしてハードブレーキでの発熱に対応しながら、ダウンフォースも増大させる工夫が満載。

021

リアのデュヒューザーやどデカイリアウイングなど、ラジアルタイヤでアタックするためにグリップ力を増すような膨大なダウンフォースを生み出すためのエアロが迫力過ぎます。

ここに紹介したチューニングカー部門受賞車を含め、東京国際カスタムカーコンテスト受賞車両から投票で選ばれるカスタムカーグランプリ。東京オートサロン2017の公式サイトから1月22日23時59分まで投票できます。

(写真・文:松永和浩)

【関連リンク】

東京国際カスタムカーコンテスト受賞車両発表
http://www.tokyoautosalon.jp/2017/contest/

【関連記事】

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、コンセプトカー部門受賞車を見てきた
https://clicccar.com/2017/01/18/437684/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事