トヨタが次期カローラにTNGA第2弾の2.0Lエンジン搭載!

トヨタ自動車が2019年に発売予定の次期カローラに、新開発の2.0Lエンジンを搭載するそうです。

同エンジンは、プリウスで初採用した新設計思想「TNGA」に沿って開発、日米欧など世界で年間100万基規模の生産体制を整える模様。

TOYOTA_Corolla

新聞報道によると、直4「AR」型エンジンの後継基となるようで、性能的には2.0Lながらも2.5L相当のパワーを発生するとか。

生産は愛知県豊田市の上郷工場を予定しており、海外ではポーランド工場のほか、米ケンタッキー州、中国・天津市、広州市の工場で生産予定。また搭載モデルによっては、ブラジルや西バージニア州での生産も検討しているそうです。

TOYOTA_Corolla

さらにトヨタでは、新エンジンの開発に要する投資額をTNGAによる設計手法により、従来比で40%低減する計画といいます。

次期カローラに加え、同車に搭載予定の新エンジンに関する今後の詳報が待たれます。

※画像は米国向け現行モデルです

Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。