業績好調のトヨタ。「EV」早期具現化のため夏ボーナスを減額する理由とは?

世界的に環境規制が厳しくなるなか、トヨタ自動車が社内意思決定の迅速化を図るようです。

同社では2019年3月期の連結売上高が、日本企業として初めて30兆円の大台を突破。2020年3月期の営業利益についても2.5兆円(前期比+3%)に達するようですが、その一方で各種報道によると、管理職の今夏ボーナスを前夏比で減額(約5%)するようです。

自動運転や電動化に向けた開発競争が激しいことから、同社ではこれまでも危機感共有を図ってきたものの、管理職クラスへの浸透が不十分なようで、夏のボーナス減額により危機感を高める狙いがあるようです。

減額対象は、課長級、部/次長級を併せて管理職約1万人に上る模様。

HV(ハイブリッド車)やFCV(燃料電池車)で先行した同社ですが、今後も各種方策による本格的なEV(電気自動車)早期具現化に向けた社内意識醸成が期待されます。

Avanti Yasunori

【関連記事】

新型EVが中国で相次いで発表される背景とは?
https://clicccar.com/2019/04/18/743590/

トヨタとパナソニックがEV用バッテリー開発で2020年に新会社設立へ
https://clicccar.com/2019/01/22/688762/

トヨタが次世代環境車(EV・FCV)の商品化加速に向けた新組織を立ち上げ
https://clicccar.com/2018/10/14/639626/

トヨタが2020年代に向けた「電動化・自動運転」開発に年間2兆円超の投資!?
https://clicccar.com/2018/09/08/626700/

トヨタが2020年にEV投入、燃料電池バス導入も模索
https://clicccar.com/2017/11/27/535194/

『トヨタ自動車』の最新記事
グランエースは運転してもらうに限る!? 走行中の乗り心地、3列目まですべて良すぎ【グランエース3列仕様】
運転しやすく、乗り心地いい。豪華で使い勝手は良く、運転も楽なクルマ【グランエースの4列バージョン試乗】
トヨタと豊田自動織機がハイブリッド向けの新型電池を共同開発へ
ヤリスクロス
トヨタのコンパクトSUV「ヤリス クロス」がアジア市場で先行デビューしていた!?
トヨタ ヤリス
新型ヤリスに採用されたエンジンオイルは、従来よりも約25%低粘度化された「0W-8」に適合した超低粘度の「GLV-1 0W-8」
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事