業績好調のトヨタ。「EV」早期具現化のため夏ボーナスを減額する理由とは?

世界的に環境規制が厳しくなるなか、トヨタ自動車が社内意思決定の迅速化を図るようです。

同社では2019年3月期の連結売上高が、日本企業として初めて30兆円の大台を突破。2020年3月期の営業利益についても2.5兆円(前期比+3%)に達するようですが、その一方で各種報道によると、管理職の今夏ボーナスを前夏比で減額(約5%)するようです。

自動運転や電動化に向けた開発競争が激しいことから、同社ではこれまでも危機感共有を図ってきたものの、管理職クラスへの浸透が不十分なようで、夏のボーナス減額により危機感を高める狙いがあるようです。

減額対象は、課長級、部/次長級を併せて管理職約1万人に上る模様。

HV(ハイブリッド車)やFCV(燃料電池車)で先行した同社ですが、今後も各種方策による本格的なEV(電気自動車)早期具現化に向けた社内意識醸成が期待されます。

Avanti Yasunori

【関連記事】

新型EVが中国で相次いで発表される背景とは?
https://clicccar.com/2019/04/18/743590/

トヨタとパナソニックがEV用バッテリー開発で2020年に新会社設立へ
https://clicccar.com/2019/01/22/688762/

トヨタが次世代環境車(EV・FCV)の商品化加速に向けた新組織を立ち上げ
https://clicccar.com/2018/10/14/639626/

トヨタが2020年代に向けた「電動化・自動運転」開発に年間2兆円超の投資!?
https://clicccar.com/2018/09/08/626700/

トヨタが2020年にEV投入、燃料電池バス導入も模索
https://clicccar.com/2017/11/27/535194/

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタ C-HR
トヨタ「C-HR GR SPORT」の新車装着タイヤとして、横浜ゴムが「ADVAN FLEVA V701」の納入を開始
予想を超えるボディの堅さがもたらす、しなやかな動き【コペン GR スポーツ】
C-HR GRスポーツ 一般道試乗
SUVのSの部分をグッとグレードアップしたC-HRのハンドリングモデル【C-HR GRスポーツ試乗】
解像度感高い走行感に注目! 新設定の6MTでゴキゲンな走り【トヨタ C-HR GRスポーツ試乗】
トヨタ ライズ モデリスタ
新型SUVのトヨタ・ライズを個性的に仕立てるモデリスタのカスタマイズパーツが新登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事