おすすめ記事一覧

MX-5カップ世界一決定戦で日本代表・堤選手はレース1で8位完走!

2016/09/12 10:49 by   ニュース・新車, エンタメ, モータースポーツ, 海外の話題

9月9日(金)よりカリフォルニア州のマツダレースウェイ・ラグナセカにて開催中のグローバルMX-5カップ・エキシビションレース。世界各地から集まった選手で競われるこのレース。同日の予選で5位となっていた日本人の堤優威選手が、9月10日(土)に開催されたレース1で8位ゴールとなりました。

日本代表は、堤優威選手、北平絵奈美選手。堤選手は国内で開催されているロードスター・パーティレースⅡ NCで2015年シリーズチャンピオンシップを獲得し、2016年はチーム TCR Corseより、ロードスターでスーパー耐久シリーズに参戦中。
北平選手は2015年よりMAZDA Women in Motorsport Project メンバーで、2012年のカートSLクラス全国大会レディースクラスで優勝という経歴をもち、2016年はロードスター・パーティレースⅢ 東北シリーズに参戦し、現在3位表彰台2回を獲得しています。

MZR_GMX5C_WC16_131_12

このレースは、マツダ・ロードスターの北米仕様のMX-5をベースにしたレーシングカー、グローバルMX-5カップカーで競われるもので、2016年は北米で開催、2017年より日本を含めた世界各地で開催されるレースです。これに先んじてエキジビションレースとして、世界一決定戦が開催されることとなりました。

MZR_GMX5C_WC16_78_12

参戦しているのは、グローバルMX-5カップUSAに参加している選手10名、バルセロナで開催された選考会を通過した5名、オーストラリアからの2名、そして日本から参加の2名の合計19名。参加するドライバーを国別で見ると日本、アメリカ、イギリス、オーストラリア、スイス、スウェーデン、スペイン、ドイツ、ポーランドとなっています。

レースは1日目が練習走行ののち予選を実施。2日目に「レース1」、3日目に「レース2」と2回レースが開催されます。



あなたにおすすめの記事