マツダからロードスターとデミオの競技ベース車輌がお手頃価格で登場

マツダが、モータースポーツに参戦するための競技ベース車両として「ロードスターNR-A」と「デミオ15MB」を新設定。ロードスターは2015年10月15日より、デミオは10月22日より発売することを発表しています。

Mazda_ND_NR-A10839

いずれもSKYACTIV-G 1.5(1496ccガソリンエンジン)を搭載するモデルとなり、ロードスターはビルシュタイン製ダンパーや大径ブレーキ、ラジエター容量アップなどを果たし、ナンバー付きで競われるパーティレースを想定した内容となっています。

デミオは、これまで設定のなかった1.5リッターガソリンエンジンを搭載し、6速MTと組み合わせているのが特徴。こちらもジムカーナやダートトライアルといったナンバー付き競技を意識したもので、日常使いも考慮したユーティリティパッケージも設定されています。