三菱自動車の燃費不正問題、最大8.8%悪化! 現行販売車にも波及し、一方スズキは良方向へ

国土交通省が8月30日、三菱自動車が販売する軽自動車以外の9車種について燃費を測定した結果、8車種でカタログ値から最大8.8%(RVR)乖離していたと発表しました。

MITSUBISHI_RVR

同社は、燃費の改ざんが判明した軽自動車4車種以外に、市販中の車種でも不正が有ったため燃費試験をやり直したところ、カタログ値との差が3%以内に収まっていたとして、これまで販売を継続していました。

MITSUBISHI_01

国交省によると、三菱自動車は5回の測定結果のうち、最大値と最小値を除いた3回の測定値の平均値を提出すべきところを、最大70回に及ぶ測定値の中から自社に都合の良いデータを選んで申請値としていたことから、再測定においても、不正が有ったとしています。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事