官能性も手に入れた、マツダのクリーンディーゼル「スカイアクティブD」

マツダ「アクセラ」がマイナーチェンジを遂げました。

今回の変更点は、内外装、1.5リッタークリーンディーゼルの新設定、人馬一体感を強める『G-Vectoring Control』の初採用、カメラを使った歩行者を認識するプリクラッシュブレーキなど、その内容はビッグマイナーチェンジといえるものです。

20160714Mazda AXELA mc_071

そうした進化のひとつに、ディーゼルエンジンの官能性アップも挙げられます。具体的にはノック音を抑え、ディーゼルでありながら心地良いサウンドを目指したといいます。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事