疲れにくい!がウリのタイヤ「ブリヂストンPlayz PX」登場

ブリヂストンからタイヤに求めることとして「人の運転負荷の軽減に着目」し、「疲れにくいという安全性能」を持った新商品「Playz PX」が発売されました。

20160108BS PlayzPX_024

人は運転中様々なストレスを受けています。例えば、コーナリングやレーンチェンジだけでなく、実は直進中も細かなハンドルの修正を行っているのです。それがストレスとなって疲れが蓄積するわけです。

20160108BS PlayzPX_003 20160108BS PlayzPX_002

新しいPlayz PXは、曲がっている時や真っ直ぐ走っている時の路面と接するゴムの状況、車両を支えるタイヤサイドの材質、特性などを考慮し設計。具体的には、タイヤのIN側とOUT側のサイド部を変えることで、運転時のハンドルのふらつきを抑制するブリヂストン独自の技術「非対称形状」によって、路面との接地を安定させ、運転中の細かなハンドル操作(操舵角の修正)を少なくすることができます。これでドライバーが運転中に無意識に溜めてしまうストレスを軽減し、 “疲れにくい”を実現することで、安全運転に貢献する、というわけです。

20160108BS PlayzPX_010 20160108BS PlayzPX_011

以前から、この左右非対称にしてハンドルの修正を減らす、というのはPlayzにも搭載されていたわけですが、今回は脳波信号解析の第一人者という慶応義塾大学理工学部准教授の満倉靖恵先生監修の下、確認されたといいます。

20160108BS PlayzPX_016 20160108BS PlayzPX_017

今回、セダン・クーペ用、ミニバン用、軽・コンパクト用とそれぞれの使われ方の特徴を考えて「疲れにくい」タイヤとなっているそうです。例えばミニバン用は多人数でもふらつきにくいように、軽自動車は細かな動きや据え切りが多いので編磨耗に強いといった具合です。

20160108BS PlayzPX_014 20160108BS PlayzPX_015

ブランドカラーも癒しのイメージで疲れにくさを表現するヒーリングパープル。CMキャラクターの綾瀬はるかさんもこの後、ヒーリングパープルのブラウスで登壇しました。

20160108BS PlayzPX_025

普通に支えて気付かないうちに疲れにくいタイヤ、普通のユーザーには最適なタイヤと言えるかもしれませんね。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事