内装の質感向上は実現できたか? ─ トヨタ・プリウス画像ギャラリー

中央には4.2インチカラーのTFTツインメーターを配置し、カラーヘッドアップディスプレイは焦点距離をより遠くに見える2mにするだけでなく、ワイドにすることで視線移動を抑制。

20151109Prius by FujiiCam07320151109Prius by FujiiCam120

特徴的なホワイト加飾は、陶器のような質感を狙っているそうで、センターコンソール部のホワイト加飾は、取材スタッフからは浴槽みたい?という声もありました。

クルマではあまり見かけない加飾だけに、できれば実車を見て選択するか判断したいところで、好き嫌いがはっきり分かれそうです。

20151109Prius by FujiiCam113

個人的にクオリティアップを感じさせるのは、高輝度シルバー塗装モールが施されたセンタークラスターとインパネオーナメント、エアコン吹き出し口まわりのサイドレジスターシルバー、センターとサイドにあるメッキ加飾レジスターノブの工夫で、こちらは写真では分かりにくい車名ロゴが刻印されています。

P1420522P1420641

シート表皮は、本革、合成表皮、上級ファブリック、ファブリックがグレードごとに組み合わされています。

(文/塚田勝弘 写真/冨士井 明史、塚田勝弘)

【関連記事】

■先進的なスタイリングを際立たせる新色6色を設定 ー トヨタ・プリウス画像ギャラリー
https://clicccar.com/2015/11/17/339744/

■新型プリウスのサイズと視界、広さは?
https://clicccar.com/2015/11/17/339718/

■新型プリウスの進化がよく分かる5つのポイント
https://clicccar.com/2015/11/17/339697/

■新型プリウス(プロトタイプ)に徹底試乗! 気になる完成度は?
https://clicccar.com/2015/11/17/339689/

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。