燃費はリッター30キロ、3つの顔を持つ軽自動車ダイハツ「キャスト」

「アクティバ」、「スタイル」、「スポーツ」という3つの異なる個性を持つ新型軽自動車「CAST(キャスト)」がダイハツから発売されました。

全高1600mmを超える、ハイトワゴン系シルエットながら、『生活に彩りを与える自分仕様の軽自動車』がコンセプトとなっています。

cast_activa_150909013

ボディサイズ(全高)やコンセプトから、ライバルと目されるのはスズキ・ハスラーやホンダN-ONE。個性派軽自動車のニューフェイスです。

また、ひとつのモデルで3つの個性を展開するというのは、オープン2シーターで着せ替えボディのコペンで設定しています。いかにもダイハツらしい新提案といえそうです。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。