【トヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー】イメージ一新、共通で使えるアクセサリーパーツが嬉しい

■人気のダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズに魅力をアップさせるアイテム登場

5ナンバーサイズに余裕で収まるコンパクトボディとタフな見た目で、人気が加熱しているダイハツ ロッキーとトヨタ ライズ。

この両車には数多くのオプション用品が用意されています。

そのほとんどはロッキーとライズで共通で装着できるものですが、それぞれに用品をセレクトして提案するアクセサリーパッケージというものが用意されています。

トヨタライズとダイハツロッキーのカスタムパーツ
これはパワフルスタイルと呼ばれるもの

例えばパワフルパッケージはSUVが持つタフテイストをさらに増強するもの。

フロントにはバンパー下部にアンダーガーニッシュが追加されます。

これはシルバーをベースに赤い加飾がついたもので、RAV4にも似たタフなイメージを得ることができます。

トヨタライズとダイハツロッキーのカスタムパーツ
バンパー下にごっついガーニッシュが追加されています。この大型バックドアスポイラーはスポーティースタイルで提案されるもの

サイドとリアにも同様のアンダーガーニッシュがつきます。

またドアの下部にはブラックとレッドの加飾が映えるサイドドアガーニッシュも用意されています。

スポーティスタイルで用意される大型のバックドアスポイラーはどんなスタイルにも合います。全体にゴツゴツとしており、SUVらしいダイナミックなフォルムが魅力です。

トヨタライズとダイハツロッキーのカスタムパーツ
これはエレガンススタイルのパッケージ提案

エレガンススタイルというパッケージでは外観のイメージが大きく変化し、高級なSUVルックとなります。

フロントロアスカートはクロームを使って上品に仕上げつつも、実はかなりボリュームあるエクステンデッド・アンダースポイラー形状。ボディ全体を大きく見せるような効果も持っています。

メッキのグリルガーニッシュもフロントから見ての特徴です。

トヨタライズとダイハツロッキーのカスタムパーツ
純正と同じ形状ですがバックドアガーニッシュがメッキになっていることがわかります

サイドとリアの下部にはやはりブラックとクロームを巧みに使い分けたパーツが設定されます。

バックドアガーニッシュは実は純正のものと形状は同じなのですがフグメッキ化することで存在感を大きくましています。

(写真・動画・文/ウナ丼)

この記事の著者

ウナ丼

ウナ丼 近影
動画取材&編集、ライターをしています。車歴はシティ・ターボIIに始まり初代パンダ、ビートやキャトルに2CVなど。全部すげえ中古で大変な目に遭いました。現在はBMWの1シリーズ(F20)。知人からは無難と言われますが当人は「乗って楽しいのに壊れないなんて!」と感嘆の日々。『STRUT/エンスーCARガイド』という名前の書籍出版社代表もしています。最近の刊行はサンバーやジムニー、S660関連など。