エクストレイル・ハイブリッドで燃費リッター19.2kmを記録! これっていいのか?

先日、日産エクストレイル・ハイブリッドでエコラン(省燃費運転で燃費の良い運転を競う)をやるイベントに参加してきました。

20150827XtrailEcoRun_09

事前に聞いていた燃費が良くなるコツは、

1.発進時〜50km/hは意識してモータで走る。
2.ふんわりブレーキを使い急ブレーキは避ける。停車中者ブレーキをしっかり踏む。
3.坂の頂上手前からアクセルオフして、惰性で下る。
4.1200〜2000rpmを意識して走る。
5.電池を「貯めて→使う」を繰り返す。

だそうです。なるべくモータで走りたいけど、じゃあどうやって電気を作って貯めるか、がポイント。エンジンは、高回転はもちろんだけど、あまり低回転すぎては熱効率が悪くなる、といったところでしょうか。

20150827XtrailEcoRun_01

コースは横浜の日産本社から、富士の裾野のキャンプ場です。

コースは自由ということで、なるべくスムーズに流れていると思われる、みなとみらいICから入って首都高神奈川1号横羽線、3号狩場線から国道16号保土ヶ谷バイパスを経由し、東名高速、御殿場から新東名高速、新富士ICで降りて、国道139号を登っていくルートを選択しました。

ここで取った私の戦略は、

1.エアコンは使わない。
2.軽量化のため、一人で参加。
3.朝食は抜いて行く。
4.途中で休憩などしない。
5.加減速を右足でなく右手で行う。

最後の5は、何を言ってるかって? 

この記事の著者

編集長 小林和久

編集長 小林和久 近影
子供の頃から自動車に興味を持ち、それを作る側になりたくて工学部に進み、某自動車部品メーカへの就職を決めかけていたのに広い視野でクルマが見られなくなりそうだと思い辞退。他業界へ就職するも、働き出すと出身学部や理系や文系など関係ないと思い、出版社である三栄書房へ。その後、硬め柔らかめ色々な自動車雑誌を(たらい回しに?)経たおかげで、広く(浅く?)クルマの知識が身に付くことに。2010年12月のクリッカー「創刊」より編集長を務める。大きい、小さい、速い、遅いなど極端なクルマがホントは好き。