VW up!がドイツでもっともエコなクルマに選ばれました

ドイツの自動車団体Verkehrsclub Deutschland (VCD)が2012-2013の環境対応車のランキング。従来はハイブリッドカーがトップを争っていたこのランキングにおいて、はじめて天然ガス自動車がトップになったと発表されました。 

そのクルマこそ、VWのeco up!です。CNG車(50kW)のCO2排出量は、わずか79g/kmで、100kmを走行するのに2.9kgの天然ガスを必要とするのみ、といいます。

 

もう一台、同じくCO2排出量79g/kmでトップとなりえるのがトヨタ・ヤリス(日本名:ヴィッツ)。こちらは1.5リッターのハイブリッドシステムを搭載しているクルマです。

 

また、この2台においては、VCDをはじめとする環境団体が2020年までの実現を求めている「80g/km」というCO2排出量が、現時点で実現されているということも重要な価値を持つと評価されています。

■VCDプレスリリース(ドイツ語)
http://www.vcd.org/pressemitteilung.html&cHash=84c0646e71e7097810257d015a1bbee5&tx_ttnews%5Btt_news%5D=995

(山本晋也)