新しいアルファ・ジュリアは510馬力のV6ターボ

アルファロメオ伝統の名前「ジュリア」が復活します。

V6エンジンをフロントに積むという次期ジュリアの外観やおおまかなプロフィールが公開されました。

150624_Alfa_Romeo_Giulia_HP2

新設計されたというプラットフォームは、FR(フロントエンジン・後輪駆動)を基本としたもので、前後重量配分は50:50を実現。四輪駆動バージョンも用意されているといいます。

FRらしいロングノーズと短めのオーバーハングが印象的なシルエット。フロントミッドに置かれるというエンジンはV6ガソリンターボ。最上級グレードには、フェラーリ・チューンの510馬力仕様が載るということです。