アルファロメオに高性能コンパクト・クロスオーバーEV誕生!?

■「ジュリア クアドリフォリオ」のマスクにBMW 「i3」のボディ

CGアーティストのAksyonov Nikita氏が、アルファロメオの超コンパクト電気SUVを提案しました。

アルファロメオ 電気SUV_003
アルファロメオ 電気SUV 予想CG

制作したCGは、高性能「ジュリア クアドリフォリオ」をフロントマスクに、BMW「i3」のボディをマッシュアップしています。ホワイトボディにレーシーな赤のアクセント、レッドブレーキキャリパーを装備。リアエンドでは、ジュリア クアドリフォリオ風のクワッドエキゾーストパイプ、ディフューザーが見てとれますが、テールライトは、コンパクトな円形タイプが採用されています。

アルファロメオ 電気SUV_001
アルファロメオ 電気SUV 予想CG

ジュリアは、1950年代に人気を集めた「ジュリエッタ」後継モデルとして1962年に登場しました。その後1977年に生産終了していましたが、2016年に約40年ぶりに復活を果たした4ドアセダンです。グレードは、「GIULIA」、『GIULIA SUER』、『GIULIA VELOCE』、そして最高出力510PSを誇るフラッグシップモデル『GIULIA QUADRIFOGLIO』の4つが設定されています。

マッシュアップといえば、2011年にトヨタ「iQ」にアストンマーティンのフロントマスクを装備した「シグネット」を思い出す人も多いでしょう。果たしてこちらは実現するか興味が持たれますが、とりあえずコンセプトモデルでの公開を期待しましょう。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
日産 QXインスピレーション_001
米国日産が「I-POWER」の商標を登録申請。「e-POWER」のインフィニティ版か?
ポルシェ タイカン ティザーイメージ
ポルシェEVセダン「タイカン」、ついにベースモデルが世界へ羽ばたく!? ティザーイメージ公開
日産 ティザーイメージ
日産パスファインダー&フロンティア新型、2月4日デビューへ!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事