Googleが自社製の自動走行車で公道テストをスタート!

Googleが15日、昨年話題になった自社製の自動走行車で今夏から米カリフォルニア州マウンテンビューで公道テストを開始すると発表しました。

Google_Car

同社は交通事故原因の9割以上を占めている人間の判断ミスを排除して事故をゼロにすることを最終目標に、100%の正確さで様々なシチュエーションに対処可能な自動走行車の実現を目指しています。

Google_Car

ドライバーの運転操作を全く必要としない完全自動走行車を100台試作、カリフォルニア州の公道における試験運用を経て2020年までに実用化する計画とのこと。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。