新型ステップワゴンの「わくわくゲート」が生まれた理由とは?

「上開きのテールゲートに横開きのサブドアを設ける」という、新型ステップワゴンの「わくわくゲート」は、今までなかった斬新なアイディア。

かつてステップワゴンにフローリングフロアを設定するなどした、ホンダの面目躍如というところでしょうか。 

stepwgn_ - 1 (1)

エントリーグレードの「B」をのぞき、全車に標準装備となる「わくわくゲート」ですが、その発想は「2列目に座る子どもを起こさないように、サードシートの乗降をする」というところがまずあったそうです。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。