トヨタ・オーリスがマイナーチェンジで1.2L直噴ターボエンジンを搭載!

フォルクスワーゲンをはじめとする欧州勢がダウンサイジングターボで燃費向上を図ってきたのに対し、トヨタやホンダなどの日本勢はご存知のとおり、ハイブリッドで燃費改善を進めてきました。

aurs1504_01_s日本は市街地での「ストップ&ゴー」や渋滞が多く、高速道路も速度域が低いためハイブリッドの利点が際立つ一方で、欧州は逆に郊外や高速道路で速度域が高めで、ハイブリッドのメリットをあまり活かせないという事情もあり、日本勢が小排気量ターボに投資しにくかったという背景もあります。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。