新型トヨタ・カローラは新開発1.5Lガソリンエンジンで23.4km/L

4月1日から発売される新型カローラフィールダー、カローラアクシオは、「Toyota Safety Sense C」というトヨタ最新世代の安全装備が用意されたマイナーチェンジ版ですが、1.5Lの新型ガソリンエンジンが搭載されています。

COROLLA_01

「地球人の幸福と福祉のためのカローラを」という、初代カローラの開発責任者、長谷川龍雄氏が開発陣に伝えたというテーマは、今回の安全装備、そして燃費向上というメニューからも日本だけでなく世界の大衆車を目指す姿勢が感じられます。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。