「ぶつからない機能」だけ!? 軽自動車/コンパクトカーの安全装備の違いは?

軽自動車の多くでオプション設定できるようになった低速時用の「衝突被害軽減ブレーキ」。約30km/h以下で作動し、万一の際に衝突を回避もしくは被害の軽減を図るというものです。ダイハツやスズキ、ホンダなど多くのメーカーで採用していて、登場時に間に合わなかった日産/三菱連合も軽自動車に搭載しています。

move_141212048

先述したように約30km/h以下で「被害の軽減」もしくは、「衝突を回避」するのがポイントで、「JNCAP」による「予防安全瀬能アセスメント」で公開されている動画を見ると、多くの車種で約20km/hなら対停止車両に対してぶつからずに止まっているのに対し、約30km/hだとブレーキは作動しますが、ダミーの停止車両に追突しています。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事