新型アルファード/ヴェルファイアの最上級ミニバンらしい世界初・トヨタ初ハイテクづくしの内容は?

 トヨタから新型「アルファード」と「ヴェルファイア」が登場しました。

従来通り、最高級ミニバンとして開発され、アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店で扱われる兄弟モデルですが、今回のフルモデルチェンジではミニバンの枠を超え、高級セダンにも劣らない乗りここちや静粛性、そしてハンドリングを意識しているのが注目点です。

vellfire1501_03

豪華勇壮、大胆不敵なアピアランスはさておき、走りの面ではリヤ・サスペンションに新開発のダブルウィッシュボーンを採用しているのが、ハードウェアでは走りのポイントとなります。 

また、ボディは高張力鋼板を積極的に採用、構造用接着剤を使うことでボディ剛性をアップ。また、鋼板で制振材を挟み込んだ『サンドイッチ鋼板』を使うことで、静粛性を向上させているということです。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。