新型アルファード/ヴェルファイアの最上級ミニバンらしい世界初・トヨタ初ハイテクづくしの内容は?

alphard1501_41

 安全面でも最上級サルーンに相応しく、世界初・トヨタ初の装備を多数採用しています。

予防安全では、自動ブレーキと呼ばれることもあるプリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー式)を設定。さらにトヨタ初となる全速度域追従クルーズコントロール(0~100km/h)も設定してます。

またトヨタ初としては、8個のセンサーを使って、低速での衝突回避をアシストする「インテリジェントクリアランスソナー」を用意しています。

さらに注目なのは、2つの世界初テクノロジーを採用した駐車支援システム。ひとつは、ボディなどを透かして見たような表示のできる「シースルービュー」。もうひとつが、切り返しが必要なスペースでもハンドル操作を行なう「インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能+バックガイドモニター付き)」です。

alphard1501_36

大柄なミニバンでは駐車時の難しさを敬遠するドライバーもいるでしょうが、こうした支援機能を装備すれば、安心感も高まるというものです。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。