水素ステーション普及後押しで政府が規制緩和発表!

トヨタ自動車が12月15日に発売を予定している「MIRAI」や来年ホンダが発売を予定しているFCVなど、いよいよ燃料電池車の販売が始まろうとしている中、注目されるのがインフラ整備の進捗。

TOYOTA_MIRAI

政府が今年6月に水素社会の実現に向けて策定した「水素・燃料電池戦略ロードマップ」によると、2015年度内に4大都市圏を中心に100箇所程度の水素ステーションを整備すると共に、ガソリン車の燃料代と同等以下の水素価格実現を目指しています。