ホンダ「FCV CONCEPT」2015年度内に発売予定の燃料電池車3つの特徴

2015年は燃料電池車の普及元年、とばかりにホンダが「FCV CONCEPT」を発表しました。

Honda FCV_41

すでに、国内外で燃料電池車「FCXクラリティ」をリース販売するなど様々な経験を元にしたホンダの次世代燃料電池車を示すコンセプトモデルとなります。

現状、ステアリング形状などコンセプトカー(ショーモデル)的な部分もありますが、メカニズムはかなり現実味溢れる内容となっていて、2015年度中に、このコンセプトカーをベースとした燃料電池車が市販されるというのも注目です。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。