新型マツダ・デミオのクリーンディーゼル、実は2種類ある!?

燃費性能、30.0km/L──ハイブリッドと軽自動車を除くと、国内最良となる省燃費性能を燃料単価の安い軽油(ディーゼル)で実現したマツダ・デミオが話題です。

Bセグメントの常識を破らんとするダイナミックな造形のボディに加え、そうしたエコ性能も新型デミオでは注目を集める大きな理由となっているようです。初期の予約でも7割ほどの比率を占めるというデミオのクリーンディーゼル車、発売は2014年10月23日となっていますが、先行して公道試乗することができました。

demio_d_mt_0948

試乗したのは、新開発1.5リッター4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載する最上級グレード「XD Touring L Package」、カタログ燃費30.0km/Lの6速MT車、同26.6km/Lの6速AT車(メーカーオプションのi-ELOOP装着車)を比べながら乗ることができたのです。

試乗ステージは芦ノ湖スカイラインなど、箱根近辺のワインディングロード。アップダウンも激しく、燃費性能というよりは、パフォーマンス面をメインに感じる試乗となりました。