新型スマート初公開! 3代目は2014年11月発売!!

smart_wprldpremiere14_001

 新型スマート、2014年11月に欧州で発売開始です。

かねてからのウワサ通り、ルノーとダイムラーが共同開発した新RRプラットフォームを用いた新型スマートが世界初公開されました。いずれも三代目となるルノー・トゥインゴとスマート・フォーツー、さらに今回は後席を持つフォーフォーも同じRRプラットフォームとなっています。

ボディサイズ(全長・全幅)も共通となったスマート・フォーツーとフォーフォー。SWB(ショートホイールベース)とLWB(ロングホイールベース)の兄弟車となりました。フォーフォーでも3.5m以下の全長ですから、かなりコンパクトなモデルとなっています。

●スマート・フォーツー ボディサイズ
全長:2.69m
全幅:1.66m
全高:1.55m
ホイールベース:1873mm

●スマート・フォーツー ボディサイズ
全長:3.49m
全幅:1.66m
全高:1.55m
ホイールベース:2494mm

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。