「技術の日産」が洗車要らずのセルフクリーニングカー開発!

古くから「技術の日産」のキャッチコピーを持つ日産自動車ですが、その伝統はカルロス・ゴーン体制になった現在も息づいているようです。 

NISSAN

EV「リーフ」を世界に先駆けて量産化、さらには近い将来の技術として三角翼を持つEV「ブレイドグライダー」の量産化を本気で目指すなど、その伝統は貫かれているように見えます。 

NISSAN_Blade_Glider

また昨年8月には2020年までに複数の車種で「自動運転」を実用化すると発表するなど、相変わらず他社に技術で先行する姿勢は健在。 

安全技術でも後方視界を画期的に改善する「スマート・ルームミラー」 や駐車時に重宝する「アラウンドビューモニター 」を開発。

小型カメラを上手に活用した事例で、有りそうで無かったアイデアと言えそうです。

YouTube Preview Image

そして今年4月には英国日産が夢のような「洗車要らず」のクルマを公開。

「Ultra-Ever Dry」と称する水をはじく「超疎水性」のコーティング剤をボディ表面に施しているそうで、泥の中を走行してもボディに泥が全く付着しないという凄さ。

YouTube Preview Image

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究によると、塗装面上にナノ単位の隆起を構成すると「超疎水性」が発現するそう。 

NISSANNISSAN

ボディ表面に目に見えないレベルの鋭く尖った微小なブツブツを構成することで、付着しようとするあらゆる液体の表面張力を増幅させる事が可能に。 

このコーティングを施しておけば雨や水しぶき、霜、みぞれ、水たまりの泥などをはじく効果が得られるという訳です。 

NISSAN

日産ではコスト上の課題から標準装備とまではいかないまでも今後オプションでの設定を検討している模様。 

NISSAN

普段から洗車が面倒で仕方が無い向きには画期的なテクノロジーと言えそうです。 

〔関連記事〕
「洗車」が死語になる? 日産の「汚れないボディ」がスゴい【動画】
https://clicccar.com/2014/05/01/253858/ 

リヤウインドウのカメラが後方画像を映し出す「スマート・ルームミラー」
https://clicccar.com/2014/03/04/248295/ 

日産の電気自動車「リーフ」が累計販売10万台を達成
https://clicccar.com/2014/01/25/245016/ 

三角EVコンセプト「日産ブレイドグライダー」を画像と動画で先行公開
https://clicccar.com/2013/11/09/235630/ 

日産が2020年までに自動運転実用化を発表し映像を公開!
https://clicccar.com/2013/08/29/229231/

 (Avanti Yasunori) 

【画像をご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/2014/06/04/258101/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事